この話もよく聞く話。新車の値引きは決算の時が一番多いのか?というところです。新車のディーラーでは大体1月~3月、そして7月~9月と言うのが決算、中間決算として繁忙期になっています。これはもう知らない人はいないのではないでしょうか。友人の新車営業マンにも聞いてみました。そしたらやはり1月~3月、特に3月は登録が出来るまでの間に関しては、新車の値引きはかなり荒れるそうです。会社からのプレッシャーも半端ではなく、最悪自腹を切ってでもオプションをサービスするとかしてまで新車を売りたいそうです。

これもどうかと思いますが、普通の月の2倍近いノルマが来るらしく、新車の値引きを数万円やるかやらないか?で契約を逃すぐらいなら多く値引きをしてしまって、あとからどうするかを考えるとも言っていましたね。そのぐらい決算は大変なんだな、と思いました。でも逆にこの決算の新車値引きは荒れるという噂は本当のようで、少しでも安く新車を買いたい場合は、決算を狙うのが一番妥当なのかもしれません。また中間決算でもある9月については、3月ほど値引きは荒れないそうです。

この理由は前月が8月という事もあって基本は新車が売れない時期ですので、9月の登録に間に合わせようと値引き交渉をしても、在庫が少ない現代ですので時間がないそうです。こういう事からも、9月は値引きをたくさんして登録出来るような車なら値引きも多くなるらしいですが、在庫がないような車の商談では普通の月の値引きと同じ、という事も言っていました。

これも業界にいる人にしかわからない情報ですよね。私は今まで9月に新車を買うようにしていましたので、在庫のあるグレードを勧められる事が多くありました。これは登録が関係していたのですね。まったく知りませんでした。その為か、シルバー系の車が多かったですね。これも友人に聞いてみたところ、シルバー系は在庫に多くあるらしいので、たぶん在庫がある車を上手に勧められていたんじゃないの?という事でしたね。でもその分、安くは買えているはず、という事も言っていましたので一安心。

車の業界と言うのは閉鎖されているイメージが強いので、営業の人を信用するにも時間がかかりそうです。私には現実に新車を販売している人が友人としていますので、わからない事は聞けるので良いのですが、聞かば聞くほど新車を買うのが怖くなったりします。出来ればすべてを任せて気持ちよく買いたいものですよね。