新車だけではありませんが、車を買う時には、営業マンを敵のように見ている人も多いそうです。勝つか負けるか、みたいな感じですかね。中古車の場合は買っておしまいっていうケースも多いと思いますのでまだ良いのかもしれませんが、新車の場合は5年~7年は乗る時代になっています。その間に故障もするでしょうし、事故や困った事もたくさん出てくると思います。だから新車を買う場合は特に営業マンと良い付き合いをした方が良いと思うのです。実際に私の友人も良い付き合いをしれくれるお客さんには、次回新車を買う時の値引きも精一杯やりたいと言っていましたし。

逆に嫌らしいお客さんに対しては、他で買えば良いのにと思うそうです。そうですよね、営業の方だからって機械じゃありませんし、同じ人間ですからね。でも結構多いんですよね、こういうお客さんって。私の知り合いでも、新車を買う時に営業マンに無理を言ってたくさんの値引きを出させてやった、と豪語している人もいました。でも実際にはみんなと同じ値引きなんですよね。なんかとても寂しくなる話だな、と私は感じました。確かに安く新車を買いたいですし、値引きがある以上たくさんの値引きはして欲しいと思います。でもそれを営業の人にむちゃを言って、その後の付き合いが悪くなってしまって、もし何か困ったことがあったら大変です。結局、助けてもらう事もあるんですからね。だから新車の値引き交渉も大事ですが、それと同じくらい良い営業マンを見つける事も大事な事だと思いました。

中にはいい加減な営業の方も確かにいます。約束を守らないとか、適当に調子の良い事ばかり言うとか。こういう営業の人と値引き交渉をしても、最終的には信用が出来ないので良い付き合いは出来ません。これは営業マンからしても同じ事だと思いますので、ここは人としてきちんと付き合う方を優先した方が最初に数万円ぐらい安い買い物をしたからって、後悔はしないと思います。安物買いの・・・ではありませんが、長い事大切に乗る車ですので、きちんとメンテナンスまで面倒を見てくれる営業の方は買うのが一番良いと私は思いますね。