新車を買う時に一番誤解をされる部分がこの、新車値引きは他の人と同じぐらい、という事だそうです。みんな自分だけが一番多くの新車値引きをしてもらった、と思うように営業の方は商談を進めるそうで。最後には他の人よりもかなり安く新車が買えたと思わせるのが営業の仕事だ、と友人は言っているぐらいでした。なぜそういう話になったかと言いますと、新車値引き額自体は会社で決められているので決められた値引きを超えた注文は入力する事が出来ないそうなのです。という事は完全にみんな一緒ぐらいの新車値引きで購入している事になりますよね。

この事実を知らない人が本当に多い、と言うことを言っていました。私なら、そんな事情があるなら最初から新車値引きの交渉なんてやめれば良いのに、と思ってしまいますけどね。でも日本では、新車を買う時の値引き交渉は文化のようになっているとの事ですので、こういった値引き交渉は必ず行われるそうです。

でも逆に欧米などで新車を買う場合には値引き交渉は一切ないという事も初めて知りました。なんでも、欧米で新車を買う場合には普通の買い物をするように店舗のようなところで、値引き交渉とかそういっためんどくさいものもなく、そのまま欲しいオプションをつけて買うそうです。日本とはまったく違うんですね、文化が。話を戻しますと、新車値引きの交渉をいくらしても、大体同じような値引き額になっている、という事ですので、そこまで真剣に時間をかけて値引き交渉をする意味があまり無いという事も言っていました。本当に新車を安く買いたいなら、やっぱり今乗っている車をどうやって高く売るか?の方が大切だそうです。

ここで数十万とかの差が出る事は日常茶飯事にあるそうですので、新車値引き額を調べるよりも、自分の車の価値を調べた方がよほど良いんでしょう。私もこの事実は知りませんでした。なんかとてもムダな時間を使っているように思えてしまいますよね。それでも1円でも安く買いたいという気持ちは私にもあります。それだからこそ、日本の新車業界では値引き交渉が続いているのでしょうか。