新車値引き交渉にテクニックなんてあるのか?という質問を友人になげかけてみました。新車値引き額が車種別で決まっている以上、値引き交渉にテクニックが存在するとは思えなかったのですが、友人曰く、新車値引き交渉にはテクニックはあるとの事。そんな方法があるなら教えてください、と頼んだところ教えてくれるという事ですのでそれをご紹介してみたいと思います。

まず新車の営業の方は車種別の値引き表を持たされている事は他のページでもご紹介しましたよね。その値引き額は当然出せるようなのですが、大体その値引き額のプラスして5万円前後なら上司の方に相談をせずに値引き提示をしてしまうそうです。最初に見積りに入れる値引きと言うのが、この値引き表から5万円ほど差し引いた金額を入れているようですので、簡単に言いますと提示をされた値引きから10万円はまず普通に値引き交渉が出来るという事になります。

ただテクニックと言うのは、そこからの話になり、実は新車値引き額はこんな風にある程度予測が出来るらしいのですが、問題なのは下取り車がある場合との事でした。何が問題なのかと言いますと、下取りの査定金額と言うのは私達のような素人では想像も出来ないものですので、その下取り査定金額で大きな、値引き以上の差が出てしまうという事なのです。

確かに、新車値引き額は精一杯出してもらっていても、下取り査定の金額が20万円も30万円も安く提示されていては、どこまで良い値引きで新車を買ったのかわかりませんよね。実はこの部分が新車の営業の方たちが値引き交渉を行う際に使うテクニックだそうです。こちらが下取り金額がわからないのを知っていて、かなり低めの下取り査定金額を提示してくるそうなのです。ただこれをクリアする方法もあるとか。それはとても簡単な話でした。

下取りに出す予定の車を中古車買取専門店で売却をする、という事でした。こうすることで、査定費用などと言った費用もかかりませんし、新車販売店よりまず買取店の方が高い金額をつけて買ってくれるだろうという事でした。これはすごく簡単な事ですね。正直、私は新車を買うディーラーに下取ってもらったほうが高いものだとばかり思っていましたからね。この話を聞けて本当に良かったと思います。