車種別の新車値引き額について。新車値引き額と言うのはもちろん車種によって違いますよね。これは私も知っていました。ただ現実的に車種別の値引き額を聞いてみると、驚く事がたくさんありましたね。友人はトヨタの営業をしていますので、トヨタ車の車種別値引き額をまとめてみたいと思います。まずトヨタ車の値引き額でもトヨペット店扱いの車種からになります。

・ハリアー:25万円、アルファード:35万円、プリウス:25万円、ポルテ:30万円、ハイエース:30万円、シエンタ:20万円、プレミオ:30万円、マークX:35万円、C-HR:10万円、86:23万円、こんなところがトヨペット店で扱っている車種別の値引き額だそうです。まだ他にも車種はあるのですが、基本的にはトヨペット店の新車値引きは交渉次第で荒れやすいようですね。

この車種別値引き額については、友人の販売店では、表になって営業の方たちに配られるそうです。どの車種がいくらの値引き額か?といった事をまとめた。これを見ながら商談をするそうなのですが、毎月、値引き表の内容も変わるそうで、お得な値引き額が出せる車種と言うのも毎月違うと言っていました。

こういう値引き額に関する最新の情報というのは、やはり営業の方と仲良くする事によって聞きだせるものだと私は思いますので、新車を買う時には新車値引きだけではなく、営業の方との付き合いも重視していきたいと思います。

良いお付き合いが出来れば、結果、安く新車が買える、と言っても良いと思いますからね。それを営業の方を敵のように値引き交渉をする人もいるそうですが、私は逆効果だと思います。誰でもそうですが、お互い人間同士なので嫌な人にはがんばって新車の値引きをしたいとは思わないと思います。私も仕事でいくらお客さんでも嫌な方ですと、一生懸命その方の事を思った交渉はしません。それと同じだと思うんですよね。ですから新車営業の方とは良い関係性を保つことも、新車値引きを大きく出してもらう事に繋がると思います。