新車営業の方たちは、営業所の中ではこんな話をしているそうです。今日なんか契約取れそう?あと10万円値引きをすれば決まるんだけどな~と言った話。中には、ハリアーの値引き45万円で契約持っているんだけど、これどうしようかな?といった話もされているようです。やはり営業の方たちも新車を売る事に必死ですので、上司に相談とかをしなくても勝手に契約を取ってきている事があると言う事ですね。

こういう事を聞くと、やはり新車を安く買う為には、その営業の方が契約を欲しいと思っている時が一番良いのでは?と私なら思います。新車値引きの交渉でも、契約を前提に値引き交渉をしているのと、冷やかし半分で値引き交渉をしているのではまったく営業の方の頭の中も違うでしょうから。やはり高額な商品ですので、こちらとしても簡単には買えません。その代わり、少しでも多くの新車値引きを出してもらう事を考えたら、やはりお客さん側としてもそれなりに腹をくくる必要があると思うのです。

相手も契約が欲しい代わりに新車の値引きをギリギリまでして話をしてくれているわけですからね。この契約という一言で数万円以上の値引きは変わってくると思います。かといって、簡単に結論が出せる金額でもありませんので、まずは初回で見積りをもらって、他の車とも比較をして、自分達なりの予算をしっかりと組むことが大事な事なんだろうな、と思います。予算がないと永遠に値引き交渉をしていないといけませんし、契約をする金額が自分の中でもわかっていない状態ですので。

それか完全に営業の方を信用して、これが限界です、と言った値引き額がでたら契約をしてしまうか。私は交渉事は仕事でもしているので、とても面倒に感じるタイプです。ですから、出来れば営業の方を信用してこれからもお付き合いしていきたいですね。

あと友人が言っていましたが、新車営業の方の営業所の中での会話は、どちらかというとお客さんよりの会話が多いそうです。営業の方は新車値引きなんていくらでも良いそうですよ、新車が売れれば。ただメーカーによってもこの辺の仕組みは違うそうですので、購入を検討されているメーカーの特徴に合わせた値引き交渉をするのも大事かもしれません。特にホンダの値引き交渉は、値引きが少ないほど営業の方の給料がアップする仕組みになっていますので、値引きは少なくするように交渉をしてくるそうです。これもとても勉強になりましたね。