新車の営業マンの頭の中について。これも私の友人でもある新車営業の方からすべて聞いた話になります。新車営業の方は、商談の時、普段の促進活動の時、やはりいつもどのタイミングで新車販売の話をするか?と様子を伺っているそうです。これはこれで当然かとは思いますが、やはり新車を売ることばかりを考えているのですね。これを聞くとちょっとショックを受けるのは私だけでしょうか。

仕事ですし、ノルマもあるでしょうから毎日の仕事として新車を売ることばかりを考えるのは仕方ない事だとは思いますが。私も新車をずっと乗り継いでいるタイプですので、担当をしてくれる営業の方はいます。でもこういった話を聞いてしまうと、その方の話もまっとうに聞けなくなってしまいそうですね。とても良い方なのですが、今度の新車代替時期にもこの方にお願いをする予定なので。

ただ営業の方と言うのは大変な仕事だと思いますね。毎日毎日新車販売の事ばかりを考えていないといけない。これも苦痛じゃないのでしょうか

新車を販売する?という事は、新車値引きを絶えず頭の中に入れながら交渉をするという事ですので並大抵の事ではありませんよね。たぶん何百人の人、それ以上の人と交渉事をするという事で相当なストレスになるでしょうね。人と交渉をするのも疲れますから。私の仕事もたくさんの人と交渉をする仕事ですので、毎日ヘトヘトになっています。

これを私の新車営業担当の方は20年近くもやっているというのだから尊敬してしまいますよ。今回友人から聞いた新車営業の方の頭の中というお話は本当に役に立ちました。

これからの新車値引き交渉は今まで通り素直に営業の方を信じて進めて行きたいと感じています。