新車値引きには裏がある!と思われている方も多い事でしょう。でも裏というか、裏工作はあります。これは私が実際に新車営業をしてい古くからの友人から聞いたノンフィクションの新車値引き情報になります。最初は正直、かなり驚きましたがやっぱりな~という部分も少なからずありました。

新車値引き額と言うのは、各ディーラーや店舗ごとに決められているそうで、その上限額の中で収めるようにして商談を進めているそうです。ですから、Aという新車の値引きが50万円出ているように見えても、実際には30万円で抑えられていて、残りの20万円はディーラーオプションとかで相殺をしていたり、最もわかりにくいのが下取り車の査定額で調整をされている場合だそうです。

こうなってしまうと、本当に50万円の新車値引きをしてもらったかどうか?と言う事がお客さんの方ではまったくわかりません。これを得と考えるのか?それとも損と捉えるのか?はお客さん次第だとは思うのですが。

普通、新車を見に行くと見積りを出してそこに新車値引きを入れて商談が始まります。大体が値引き額もそうなのですが、最終的には見積り金額の合計金額を見て、端数をキレイにして契約を迫るそうです。例えば3183400円という見積り金額があったら、300万円調度にするとか。これが新車営業スタッフの値引き交渉だそうです。

しかも最終的な値引き額については、明らかにする、というよりは、何とかお客様のご希望に合わせますのでこちらに任せてください!と言った言い回しをするそうです。これを言われてしまうと新車値引きが多かったのか?それとも普通なのか?がまったくわかりません。これが新車値引きの裏側と言えば裏なのかもしれませんね。

ただ私が思うのは、新車と言うのは買ってから長い付き合いをしていくものですので、あまり新車値引きにばかり目を奪われると後から後悔する事もあるのでは?と思うタイプです。お互いが気持ちよく購入が出来たのであればそれで良いか、と。この辺は正直、新車を買われる人によっても考え方が違うでしょうし、いろいろかなと思います。